チャンピオンズリーグ第4節 インテルvsバルセロナ

インテルスタメン。ハンダノビッチ、ヴルサリコ、デフライ、シュクルニアル、アサモア、ベシーノ、ブロゾビッチ、ポリターノ、ナインゴラン、ペリシッチイカルディ。カンプノプで行われた試合からはダンブロージオ、ミランダ、バレロカンドレーバから4人代えてきた。コウチーニョが内側に入った時のジョルディ・アルバへの対応、ブスケツへの対応あたりが注目ポイント。

バルサスタメン。シュテーゲン、ロベルト、ピケ、ラングレ、アルバ、ブスケツラキティッチ、アルトゥール、デンベレスアレスコウチーニョバルサは前回対戦からラフィーニャをチェンジ。

立ち上がりのインテルは相当な勢いを持ってプレッシングをかけてきた。守備陣系は4−1−4−1または4−5−1だったが、バルサが最終ラインに下げると逆サイドのサイドハーフが絞ってセンターバックにプレッシングをかける。しかしバルサはシュテーゲンをうまく使い、ポリターノがラングレに行って空いたジョルディ・アルバまでボールを届け前進して行く。

バルサインテルのビルドアップ時スアレスがシュクルニアルにマンツーでついてインテルの攻撃のスタートをデフライ(インテル側から見た右サイド)に限定していた。これがインテルCBのビルドアップ能力の差で決めたのか、ペリシッチvsロベルトの状況を嫌がったのかどちらかわからない。でも前回の試合でも右CBにスアレスがついていたと記憶しているのでやはりペリシッチのとこを嫌がったのかもそれとも他に理由があるのかも。バルサスアレスで攻撃のスタートを限定した後マンツーマンでついてデフライからのボールの出どころをなくして行く。

インテルは中盤のラインとdfラインの間が広く、そのスペースをコウチーニョデンベレが利用していく。ただ中盤の選手のプレスバックがとても早く、なんとかことなきを得ている。

18分のシーン。ペリシッチvsロベルト。バルサとしてはやはりここが不安要素かと思わせるワンシーン。その直前にデンベレインテルCBの背後を取る動きを見せたため、アサモアにフリーで運ばせてしまったのが痛かった。

バルセロナインテルが前から来ているが、インテルは6人、バルサは7人+シュテーゲンの8人でうまくプレスを回避して行く。主にポリターノがラングレに寄せた時に空いたジョルディ・アルバを使いそこからインテルの中盤と最終ラインの間でスアレスコウチーニョが受けて前進して行く。インテルのプレッシングは後手後手なのでバルサレベルの相手だとうまくはめられない。

インテルの主な前進方法は二つ。一つ目はボールを奪った後ブロゾビッチから高い位置をとったバルサSBの裏のスペースへポリターノorペリシッチを走らせて押し上げる。二つめはビルドアップ時ボールを持たされたデフライから中盤に当てて落とした後バルサのプレッシングが開始される。その時にデフライにプレッシングをかけに来た選手のもともとマークについていた選手がフリーになるのでそこまでボールを届けられれば前進できる。この時もブロゾビッチが受けてワンタッチでさばくシーンがとても多かった。ブロゾビッチの評価が高いのもうなずける。

インテルはプレッシング時にナインゴランを前に出した4−4−2で守る。引いた時は4−5−1。運動量の多い選手が中盤にいると守備の位置によって陣形を変えられるのは大きな利点となる場合が多い。

あらかじめ内側にポジショニングしたデンベレがセル時ロベルトがボールを持った時に、アサモアの裏へ斜めに走りそこへのパスでの前進も何度か見られた。左右で違った構造の前進方法を持つバルセロナはレベルが高い。

バルサはアルトゥールにかえてビダルを投入し、ボール保持攻撃時のポジショニングを4−2−3−1へと変更。

終了間際にお互いゴールが生まれ、1−1で試合終了。

注目ポイントであったジョルディ・アルバへの対応はウイングのポリターノは極力下げずに、ヴルサリコがみる。内側のハーフスペースで受けるコウチーニョには中盤のプレスバックで対応。バルサと対戦するチームが散々苦しめられて来たジョルディ・アルバへの対応はこれが得策か。ただ中盤の選手に運動量が求められるので、できるチームは限られそう。

バルセロナラフィーニャの時にはあまり見られないデンベレの内側から外裏へのランニングで右からの前進ができていたのはメンバーチェンジのポジティブ要素だx叩かなと。

プレミアリーグ第11節 アーセナルvsリヴァプール

まずはアーセナルのスタメン。レノ、ベジェリン、ムスタフィ、ホールディング、コラシナツ、トレイラ、ジャカ、ムヒタリアンエジルオーバメヤン、ラカゼット。

続いてリヴァプールのスタメン。アリソン、アーノルド、ゴメス、ファンダイク、ロバートソン、ミルナーファビーニョ、ワイナルダム、サラー、フィルミーノ、マネ。

アーセナルのビルドアップは2CB+ジャカとトレイラの4人で行われ、サイドバックが高い位置を取る。対してリヴァプールの守備はウイングの二人が相手SBについて行くのではなく、背中でコースを消しながら高い位置を保つ。こうすることでボールを奪った後カウンターの時に人数を多くすることができる。もし浮き玉や、ボランチ経由でSBにパスを通された時はインサイドハーフが出て行く約束。なのでリヴァプールインサイドハーフはとても多くの運動量を要求されることになる。

コラシナツvsサラーの1対1。熱い。

リヴァプールのボール保持攻撃はSB、インサイドハーフの四人のうちいずれか一人が落ちて2CBと三枚でボールの出所を形成する。横幅は落ちなかったSBもしくはインサイドハーフが取る。アーセナルの守備は4−4−2なのでプレッシングがうまくはまらない。ボールの出所の選手がフリーになることが多いので最終ラインの裏へのロングボール一髪で決定機を作られるシーンが多い。

リヴァプールは後半からフィルミーノとサラーを前線に二枚並べてミルナーを右サイドに出した4−4−2に守備を変更。アーセナルの2CBとボランチ四人にボールを持たれることを許す代わりにそこからの前進はさせない狙いへ変更。

リヴァプールは攻撃でも4−4−2のまま攻める。得点シーンのマネはえぐかった。一度引いてきてベジェリンを釣り出し、空いたスペースに違う人を走りこませるのではなくマネ自身が走り込みボールを引き出す。一人で二役をこなしてしまうのでクロスに対する中央の人数は多くなる。ムスタフィがマネに出て行かざるを得なくなったので中央はリヴァプール2トップvsアーセナルの残りのCBとコラシナツになる。そして本来ならばコラシナツが見るべきミルナーがあき得点を奪った。

ムヒタリアンのところがきになるアーセナルファビーニョのところがきになるリヴァプール。先に動いたのはリードされているアーセナルのエメリ監督。

コラシナツに代えてウェルベックを投入し、イウォビをサイドバックへ。そのイウォビからラカゼットの同点ゴールが生まれた。エメリ監督の采配的中である。

逆にフィルミーノに代えてシャキリを入れ、中盤ラインの前に一人フィルルター役を増やし、1−0で終えようとしたクロップにとっては痛い失点。

チャンピオンズリーグ第3節 パリ・サンジェルマンvsナポリ

まずはパリのスタメン。アレオラ、ムニエ、キンペンベ、マルキーニョス、ベルナト、ヴェラッティ、ラビオ、ムバッペ、ネイマールディ・マリアカバーニ

続いてナポリのスタメン。オスピナ、マクシモヴィッチ、アルビオル、クリバリ、ルイ、ハムシク、アラン、ファビアン・ルイスカジェホンメルテンス、インシーニェ。

ナポリは4-4-2で守備をスタート。パリはボランチ二枚に加えてディ・マリアがボール前進を助ける。 

ナポリのボール保持攻撃は大外レーンをルイ、カジェホンで確保して、インシーニェ、ファビアンがそれぞれハーフスペースにポジショニング。

パリは守備時カバーニとムバッペがツートップ気味にポジショニングする。よってマリオルイが開くのでナポリはここからボールの前進を狙う。

パリのボール保持攻撃は、ラビオをアンカーの位置に持ってきて、ヴェラッティディ・マリアインサイドハーフネイマールトップ下、大外は各サイドバックで中盤の数的優位を生かしながらボールの前進を狙う。

マリオルイにボールが出るとヴェラッティがプレッシャーをかけに行く。でもその空けたスペースをファビアンもしくはメルテンス、インシーニェあたりに使われるパリ。

お互い位攻撃は機能してるけど、守備で問題を抱える立ち上がり。

マクシモヴィッチを起用することでゴールキックで蹴っ飛ばす選択をした時でもディマリアとのミスマッチを狙えるナポリフォワードが小さくても大丈夫だぜと言わんばかりである。

ナポリ守備ブロックの真ん中ぶち抜いてくネイマールさんは流石の一言。

後半からベルナトに代えてケーラーを投入したパリ。ケーラー、マルキーニョス、キンペンベの3バック、ヴェラッティとラビオがボランチでムニエとディマリアがWB、ネイマールとムバッペがツーシャドウ、ワントップにカバーニ

すぐさま手を打つアンチェロッティ。対応が早すぎる。ジエリンスキを左、ファビアンをトップ下のような形に。

狭い場所にもバシバシパスを通すラビオとヴェラッティ。狭い場所で受けても涼しい顔してプレーするネイマールとムバッペ。この四人でナポリディフェンスを引き付けられれば大外あくし。みたいな。そんなパリが同点ゴール。個人の能力が高い。

ナポリは後半からなぜかあまり繋がない。パリはサイドバックに対してWBが出てくるのでサイドハーフでCBを釣り出してからハーフスペース侵入とかで簡単にぶっ壊せそうなのに。

ヴェラッティに代えてディアビディアビを左サイドにして、ディマリアをシャドーへ。

アディショナルタイムにディマリアのビューティフルゴールでパリが同点とし、2-2で試合終了。

チャンピオンズリーグ第3節 ドルトムントvsアトレティコ・マドリー

まずドルトムントのスタメン。ビュルキ、ピシュチェク、ディアロ、ザガドゥ、アクラフ、ビツェル、デラネイ、ヴィツェル、プリシッチ、ロイス、ゲッツェ

アトレティコのスタメンはオブラクファンフラン、ゴディン、リュカ、フィリペルイス、レマル、トーマス、サウール、コケ、コスタ、グリーズマン

ドルトムントの守備ブロックは4-4-2で形成。あまり積極的に前プレを仕掛けることはなく、ゾーンディフェンスの基本を忠実に再現。ボールを持たされるとアトレティコ的には厳しい。

一方アトレティコの守備はがっつり前から捕まえに行く。ツートップをそのままドルトムントのツーセンターにぶつけてサイドに誘導、サウールが前に出て一人のボランチを捕まえ、トーマスがトップ下のロイスをみる。逆サイドのボランチにはサイドハーフが絞ってみる。しかしドルトムントのダブルボランチは非常にうまかった。ワンタッチパス、サイドチェンジを使いながらボールを前進させて行く。ボールを進められるとゾーンディフェンスに切り替えるアトレティコ

ボールを持たされたアトレティコは後半からトーマスに代えてロドリゴを投入しコケをボランチに変更。ロドリゴがCB間に落ちて、コケがドルトムントのツートップの脇で受ける、ロドリゴが真ん中に陣取るなど多彩な攻撃の形を見せて行く。特にコケがリュカ側に落ちて始まる左サイドからの攻撃はうまくいっていた。フィリペルイスは非常に賢い選手だなという印象。左サイドを突破できればクロスをあげられるし、突破できなくてもロドリゴ経由のサイドチェンジなどで、あいた右サイドをファンフランとサウールで攻めることも可能。さらにサウールに代えてコレアを投入して得点を狙う。しかしドルトムントの守備も集中していてとても見応えがある。

しかしコレアに代えた弊害が出て失点してしまう。ドルトムントの二点目は中盤でゲレイロにつり出されたファンフランの裏をアクラフがとって得点に結びついた。オブラクのキックミスもあったし、点を取らなければならない状況ではあったがコレアのポジショニングは気になった。ただドルトムントの攻撃も素晴らしいものだったことも確かである。

この得点で前からプレッシングに行けばゴールまで行けるぞとチームとして気づいたのか、ただ勢いづいただけなのかはわからないが直後のプレーでもう一度シュートまで持っていくドルトムント

その後二点を追加したドルトムントが4-0で勝利。ドルトムントは内容と結果が伴った素晴らしい試合だった。