【映画】ナイスガイズ!感想(ネタバレ注意)

あらすじ

1977年のロサンゼルス、シングルファーザーで酒浸りの私立探偵マーチは、腕力で揉め事を解決する示談屋ヒーリーに強引に相棒にされ、失踪した少女アメリアの捜索を開始する。 簡単なはずだった仕事は1本の映画にまつわる連続不審死事件へと繋がり、やがて2人はアメリカ国家を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれていく。

感想

まず一言。最高!!

めちゃくちゃ面白かったです。ライアン・ゴズリング演じる、ちょっと頼りないマーチとラッセル・クロウ演じるヒーリーのコンビが絶妙。さらにそこに加えてアンガーリー・ライス演じるマーチの娘、ホリーも良いスパイスになっています。

最後のアクションシーンで、ヒーリーが殺し屋ジョン・ボーイの首を絞め、殺そうとする場面があります。その時、ホリーが「そんなことしないよね?」とヒーリーにいうことで、思いとどまり殺すのを止めるシーンは心にくるものがありました。

ライアン・ゴズリングの圧倒的な演技力

僕は映画をたくさん見るわけではないので全然詳しくないのですが、ライアン・ゴズリングの出演作品は過去に「ララランド」を見たことがあります。その時はクールな役柄なのですが今回は頼りない私立探偵。全然違う役なのに、見事な演技力で魅了してくれました。ラッセル・クロウも渋い感じでとても役柄に合っていました。

まとめ

最初から最後まで思わず夢中で見てしまいました!続編ぜひやって欲しいです。絶対見ます。