ラ・リーガ第15節 アスレティック・ビルバオvsジローナ

アスレティックスタメン

エレリン、カパ、イェライ、ヌネス、デマルコス、ダニ・ガルシア、ベニャ、ウィリアムス、ラウール・ガルシアコルドバ、アドゥリス。

 

ジローナスタメン

イライソス、ポッロ、ラマーリョエスピノサ、フアンぺ、グラネル、ポルトゥ、ポンス、アレイクス・ガルシア、ボルハ・ガルシア、ストゥアーニ

 

人に対する意識の強いアスレティックの守備

ジローナは後ろから繋いで攻撃をして行く姿勢を見せた。基本立ち位置は3−4−2−1。後ろでの選択肢がなくなっても、一番前には空中戦に長けたストゥアーニがいるので蹴るという選択も用意してある。対するビルバオの守備は4−4−1−1。なのでジローナの両脇のCBはフリーでボールを持てる。しかしここから前に進む策がない。ビルバオは左サイドハーフコルドバがプレッシングのスイッチを入れることが多く、全体の押し上げもスムーズなため、高い位置で奪ってショートカウンターで決定機を作っていく。

 

ジローナの右サイド

ジローナの右サイドでは5レーン理論が利用されている。右センターバックがハーフスペース、右ボランチが中央のレーン、WBが大外レーン、シャドーがハーフスペース。この4人でダイアモンドを常に作り続け、右CBに常に三つの選択肢を供給する。最終的に狙うのはビルバオサイドバックの裏で、シャドーに食いつけばWB、WBに食いつけばシャドーがsbの裏をとる。ボランチはコースを空けるために、ビルバオボランチをおびき寄せる。右サイドを突破できれば、中央にストゥアーニが待つのでそこへのクロスで得点を狙う。

 

アスレティックの攻撃

ビルバオはアドゥリスとラウール・ガルシアという空中戦に強い2人を中央で、サイドにはウィリアムスとコルドバという縦に突破できる選手を起用している。なので攻撃はサイドをエグってから中央2人で仕留めるというのが主な形。さらに右サイドバックのカパも非常に推進力に優れた選手であるため右サイドの攻撃はとても強力。

ボールの前進方法としては無理には繋がず空中戦に強い2人めがけてけり、セカンドボールを拾ってサイドから攻めて行く。ボランチ2人のセカンドボール回収能力と展開力が高いのでうまく機能している。

 

ジローナが効果的に前進できなくなった理由

ジローナのダイアモンドを作る4人に対して後半のアスレティックは誰が誰につくのかをはっきりさせていた。ボールサイドではマンツーマンで対応することで相手を窒息させることに成功した。

プレミアリーグ第16節 チェルシーvsマンチェスター・シティ

チェルシースタメン

ケパ、アスピリクエタ、ルディガー、ルイス、アロンソ、カンテ、ジョルジーニョ、コヴァチッチ、ペドロ、アザール、ウィリアン

マンチェスター・シティスタメン

エデルソン、ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、デルフ、B.シルバ、フェルナンジーニョ、D.シルバ、マフレズ、スターリング、サネ

 

シティのボール保持攻撃

チェルシーがハイプレスを仕掛けず、4−5−1のブロックを作ってきたので、センターサークル付近までのボール前進にはそれほど困らなかったシティ。ここからどういう攻撃を仕掛けていくかがポイントになるわけだが、最初の攻撃はセンターバックから同サイドのウイングにグラウンダーのボールをつける。この時のウイングのポジショニングはとても重要。シティのウイングは中盤ラインとDFラインのややDFライン気味の高さにポジショニングする。するとボールが入った時チェルシーサイドバックが出てくるので、その裏にインサイドハーフが抜けてチェルシーCBを釣り出す。それでサイド深くまでボールを運ぶことができれば仮にボールを奪われても相手は狭いスペースでプレーを迫られるのでボール回収が容易。

 

チェルシーのプレッシングの欠陥

チェルシーは4−5−1でブロックを形成。プレッシングに行くときはインサイドハーフが一列前に出てセンターバックにプレッシングをかけに行くのでセンターバック2対アザールインサイドハーフで2の数的同数になるのだけど、フェルナンジーニョが浮いているのでそこを使われて簡単に外されてしまうシーンが多い。

 

マンチェスターシティのプレッシング

チェルシーの2CBとアンカーのジョルジーニョをシティはワントップのマフレズと2人のインサイドハーフがプレッシングに行き、チェルシーインサイドハーフにはウイングの2人が注意を払う。CBへプレッシングをかけた選手がチェルシーサイドバックにボールを誘導し、そのサイドバックにはシティのサイドバックが縦にスライドしてきて奪いに行く。その時シティは全体的にスライドして同サイドのCBがチェルシーのウイングにつき、フォワードには片割れのCBがつくことで帳尻を合わせる。

 

チェルシーの前進

前半終了間際ルイスの対角線サイドチェンジから失点を許したマンチェスター・シティは後半からマフレズがルイスについてビルドアップから除外し、ボールを持たせなくする。自然とチェルシーのビルドアップはルディガーから始まる。そのルディガーに対してシティはインサイドハーフが出て対応。すると、チェルシーの右サイドではアスピリクエタ、ペドロ、カンテvsサネ、デルフという3vs2の関係をチェルシーは獲得できる。カンテとペドロがうまく入れ替わってお互いのスペースを開けながら前進して行く。

プレミアリーグ第15節 マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナル

ユナイテッドスタメン

デヘア、バイリー、スモーリング、ロホ、ダロト、マティッチ、エレーラ、ダルミアン、リンガード、ラッシュフォード、マルシャル

 

アーセナルスタメン

レノ、ムスタフィ、ソクラティス、ホールディング、ベジェリン、トレイラ、グエンドゥジ、コラシナツ、ラムジーオーバメヤン、イウォビ

 

システムがガッチリ噛み合った立ち上がり

ユナイテッドもアーセナルも試合を3−4−3でスタートさせたため、お互いがほとんどオールコートマンツーマンのようになり、立ち上がりということもありボールの落ち着かせどころを見つけるのに苦労する両チーム。

 

ユナイテッドの解決策

ユナイテッドはボール保持時は3−4−1−2と表記してもいいかもしれない。1にリンガードが入り、マルシャルとラッシュフォードがツートップの形だ。アーセナルボランチの背後にリンガードがポジショニングする。これにより、アーセナルボランチは背後をケアしなければならず、そうなると、マティッチとエレーラ(特にマティッチ)が空いてくるのでそこからのボールの前進を狙うユナイテッド。ただ最終ラインに優位性がないのでデヘアが蹴っ飛ばす選択をするシーンも多かった。

 

アーセナルの解決策

アーセナルはビルドアップの時にホールディングを左サイドバックのようにふるまわせて4バックのような形でビルドアップする。さらに左右のWBが高い位置を取りユナイテッドのWBを押し込んで5バック状態にする。するとユナイテッドの中盤ラインがエレーラとマティッチの2人だけになるのでこの両脇のスペースをラムジーとイウォビが落ちてきて利用することで攻撃を仕掛けて行く。

 

リンガードとエレーラの役割

アーセナルのポゼッション時、ユナイテッドはマティッチをアンカーにしてエレーラとリンガードでインサードハーフのような形になり、アーセナルボランチを見る形としていた。でも押し込まれた後はエレーラがマティッチの横に落ちてリンガードはトップ下の位置に戻りカウンターに備えていた。

 

後半の守備から見るアーセナルの狙い

後半からアーセナルは無理にプレッシングに行かず、5−4−1のブロックを作り失点しないことを優先する構えを見せていた。エメリはこの試合を引き分けでもよしとしていたのかもしれない。

 

フェライニ投入の狙い

73分ロホに代えてフェライニを投入したモウリーニョ。3バックをやめて4バックに変更。中盤を3枚にすることでアーセナルに再三利用されていたマティッチとエレーラの脇のスペースを埋める。さらに前線の枚数はそのままなので攻撃の威力は落とさない。

チャンピオンズリーグ第5節 パリvsリヴァプール

パリのスタメン

ブッフォン、ケーラー、チアゴ・シウバ、キンペンベ、ベルナト、ディ・マリアヴェラッティマルキーニョスネイマールカバーニ、ムバッペ

 

リヴァプールのスタメン

アリソン、ゴメス、ロブレン、ダイク、ロバートソン、ミルナー、ワイナルドゥム、ヘンダーソン、サラー、マネ、フィルミーノ

 

パリの前進vsリヴァプールのプレッシング

パリはボール保持時マルキーニョスがCB間に落ちて3枚+ヴェラッティの4枚でビルドアップ。プレッシング時のリバプールはDFライン右からゴメス、ロブレン、ファンダイク、ロバートソン。中盤ラインワイナルドゥム、ヘンダーソンミルナー。前線にサラー、フィルミーノ、マネ。フィルミーノがヴェラッティの監視役。パリはベルナト、ケーラーがフリーになるのでそこからボールの前進を狙う。これにリヴァプールは中盤ラインがスライドし、インサイドハーフが対応するが3枚なのでどうしても時間がかか流のと、前が3vs4の数的不利なのでサイドを変えられやすく前進を許してしまう。

 

パリの先制点

キンペンベに対して、外のコースを切ったサラーの内側にネイマールが登場しボールを受ける。ワイナルダムとヘンダーソンを引きつけヴェラッティを経由してライン間でフリーになったディ・マリアとワンツーで勝負あり。この時ベルナト、ムバッペがゴメス、ロブレンをピン留め。カバーニがロバートソン、ダイクをピン留めしたのでディ・マリアはフリーになることができた。

 

リヴァプールのボール保持攻撃vsパリのセットディフェンス

リヴァプールは両SBが高い位置を取る。パリはネイマールとディマリアがついて行くので空いたスペース(リヴァプールCBの斜め前)にインサイドハーフが落ちてフリーでボールを配給して行く。主に、逆サイドへのサイドチェンジや、落ちた選手にパリのボランチがつられた場合はそのボランチが開けたライン間でスリートップのいずれかがボールを受ける。フィルミーノのこの落ちてくる動きは絶品。さらにこの時サラー、マネがそれぞれSBとCBの間にポジショニングすることでパリのDFライン4人をピン留めしていることも見逃せない。

 

パリの追加点

パリがボールを奪い、ネイマールがいた時点ではボール周辺に5人のリヴァプールの選手がいた。しかしボールより前にいたリヴァプールの選手はプレスバックをせず、フィルミーノがボールを奪いに行くが、前を向かれてムバッペとのワンツーでボールより後ろにいた2人を含めて5人を置き去りにしてそのままゴールへ。

 

リヴァプールの前進

ロバートソンが最終ラインに加わりビルドアップをする。その時にマネでケーラーをピン留めし、ロバートソンにプレッシングに来たパリの右ワイドの選手と、ケーラーの間にインサイドハーフが顔を出してボールを受けて前進する。ここでワイナルドゥムに代えてよりドリブルで運べるケイタを投入しここから切り崩しにかかるクロップ。

 

チャンピオンズリーグ第5節 PSVvsバルセロナ

まずはPSVのスタメン。ズート、ダンフリース、シュバーブ、フィアへバー、アンヘリーニョ、ロサーリオ、ヘンドリクス、ロサーノ、ペレイロ、ベルフワイン、デ・ヨング

続いてバルセロナのスタメン。テア・シュテーゲン、セメド、ピケ、ラングレ、アルバ、ラキティッチブスケツビダルデンベレ、メッシ、コウチーニョ

PSVは4−4−2で守備をスタート。デ・ヨングが前に出てブスケツにマークをつき、同数にすることもある。それを見たブスケツはCB間に落ちて相手のツートップに対して3vs2でボールを保持する。2トップの脇にラキティッチあるいはビダルが落ちてきてボールを受け取り、前進を試みるがPSVのスライドが早いためセンターライン以降ボールを運べない立ち上がり。

PSVは攻撃時と守備時で立ち位置が違う。守備時に中盤ラインの真ん中にいるデヨングが攻撃時はトップ下のような位置にとり、ロサーリオが右からボランチの位置に落ちてきてヘンドリクスと2人でゲームを作る。空いた右サイドにはロサーノが顔を出す。

バルセロナはセンターライン以降サイドからボールを進める、右サイドはセメド、デンベレのコンビネーションで何度か突破を見せて、左サイドはコウチーニョが内側で受けて自分でボールを運ぶか、コウチーニョが開けたスペースをジョルディ・アルバが使う二択でゴール前まで攻撃して行く。

攻撃時メッシが中盤まで落ちると、ビダルがFWのような立ち位置をとり、攻撃に深さを作り出す。それによりバイタルがあきやすくなり、そのスペースをコウチーニョデンベレ、メッシが使い、中央からの攻撃も見せるバルセロナ。この形から先制点を奪う。

チャンピオンズリーグ第5節 PSVvsバルセロナ

まずはPSVのスタメン。ズート、ダンフリース、シュバーブ、フィアへバー、アンヘリーニョ、ロサーリオ、ヘンドリクス、ロサーノ、ペレイロ、ベルフワイン、デ・ヨング

続いてバルセロナのスタメン。テア・シュテーゲン、セメド、ピケ、ラングレ、アルバ、ラキティッチブスケツビダルデンベレ、メッシ、コウチーニョ

PSVは4−4−2で守備をスタート。デ・ヨングが前に出てブスケツにマークをつき、同数にすることもある。それを見たブスケツはCB間に落ちて相手のツートップに対して3vs2でボールを保持する。2トップの脇にラキティッチあるいはビダルが落ちてきてボールを受け取り、前進を試みるがPSVのスライドが早いためセンターライン以降ボールを運べない立ち上がり。

PSVは攻撃時と守備時で立ち位置が違う。守備時に中盤ラインの真ん中にいるデヨングが攻撃時はトップ下のような位置にとり、ロサーリオが右からボランチの位置に落ちてきてヘンドリクスと2人でゲームを作る。空いた右サイドにはロサーノが顔を出す。

バルセロナはセンターライン以降サイドからボールを進める、右サイドはセメド、デンベレのコンビネーションで何度か突破を見せて、左サイドはコウチーニョが内側で受けて自分でボールを運ぶか、コウチーニョが開けたスペースをジョルディ・アルバが使う二択でゴール前まで攻撃して行く。

攻撃時メッシが中盤まで落ちると、ビダルがFWのような立ち位置をとり、攻撃に深さを作り出す。それによりバイタルがあきやすくなり、そのスペースをコウチーニョデンベレ、メッシが使い、中央からの攻撃も見せるバルセロナ。この形から先制点を奪う。

チャンピオンズリーグ第4節 ナポリvsパリ

まずはナポリのスタメン。オスピナ、マクシモビッチ、クリバリ、アルビオル、ルイ、アラン、ハムシク、ファビアンルイス、カジェホンメルテンス、インシーニェ。前回のパリ戦とスタメンは同じ。

続いてパリのスタメン。ブッフォン、ケーラー、チアゴシウバ、マルキーニョス、ベルナト、ムニエ、ドラクスラー、ヴェラッティ、ディマリア、ネイマール、ムバッペ。ブッフォンチアゴ・シウバが復帰。前回は途中から3バックだったが、今回はスタートから3枚にして来た。ラビオの代わりにドラクスラーがスタート。カバーニが怪我の影響でベンチスタートのこと。中盤以降の立ち位置は試合を見てからではないとわからないスタメンとなった。

パリの立ち位置は数字には当てはめにくい。後ろは三枚でWBが左右に1人づつ。ヴェラッティはアンカーの位置。ドラクスラーが左IHだけど、ディ・マリアは右サイドハーフとも取れるし、右IHとも取れる。ネイマールも、左サイドハーフとも取れるしツートップの一角とも取れる。

パリのビルドアップは後ろ三枚+ドラクスラーとヴェラッティで行われる。ヴェラッティナポリツートップの間にポジショニングする。ナポリのツートップはヴェラッティにパスを通されたくないので中央に絞る。すると両脇のスペースが空くのでパリの左右のCBがそのスペースを利用して前進して行く。ドラクスラーはナポリツートップの左脇に位置してケーラーを押し上げる、もしくは自分が受ける事で前進を助ける。

ナポリのビルドアップに対してナポリのSBにはそれぞれのウイイングバックが出て行く。ネイマールとムバッペがツートップになり、CBには自由を与えない。ナポリの二枚のボランチに対してはディ・マリアとドラクスラーがほぼマンツーマンで対応。カジェホンは再度に張っていることが多いが、左のファビアンルイスはヴェラッティの脇でボールを受けようとする。ナポリはいかにしてここにボールを届けるかがキーポイントとなりそう。また、ムニエがファビアンルイスを気にしてマリオルイへのプレッシングが遅れることがあり、ルイでボールを運ぶナポリという場面も見られた。

パリはムニエでマリオルイを引き寄せて、ルイとクリバリの間をあけて空いたスペースにディ・マリアを突っ込ませる形をなんども見せて行く。

このまま終わりかと思われた前半アディションルタイム先制点が生まれる。リヴァプールアーセナル戦のミルナーのゴール時のマネを彷彿とさせるムバッペの動きに対してネイマールから質の高いボールが出て勝負あり。

後半立ち上がり15分ナポリがペースを握った理由を見て行く。後半のナポリはパリの3バックに対してツートップ+カジェホンを加えた三枚をぶつけ、ヴェラッティにはハムシクを出す同数でのプレッシングを試みる。パリはこれに対して無理につなぐことはせづ、蹴る。今日はカバーニがいないので前線での高さが今ひとつなパリだがナポリはクリバリ、アルビオル、マクシモビッチがいるので高さはナポリに部があるのでけられたボールはナポリが勝てる。パリは繋ごうとしているため選手間の距離が遠くセカンドボールを拾えない。さらに中盤には守備能力の高い選手がいないので、dfラインの前でフィルターをかけることができない。よってナポリの猛攻が続いた。しかし立ちはだかるのはブッフォン

同点とした後のナポリは前半と同じく4−4−2で守って行く。前半もこれで守れていたので後半立ち上がりのカジェホンを前に出した形は同点とするまでとあらかじめ決まられていたのかもしれない。ナポリが前半と同じ形の戻したことでパリも同様に前半と同じやり方で前進が可能になる。

パリはディマリアに変えてカバーニを投入し、5−2−3へとシステム変更。この2の両脇のスペースをナポリの両SBがうまく使いナポリが押し込む。

同点とした後カジェホンを元の位置に戻したことから引き分けでよしとした感のあるナポリ。攻撃的な選手を投入し、勝ちを狙いに行ったパリといった感じだろうか。だとしたらナポリの狙い通りで試合は終わった。負けないこと=相手に勝ち点を与えないことを選んだナポリの今後二試合でに立ち振る舞いには注目である。大混戦グループを最後に制するのは誰なのか非常に気になるグループである。