ノースロンドンダービー感想

プレミアリーグ第4節アーセナルvsトッテナムノースロンドンダービーを振り返っていきます。

両チームスタメン

まずホームのアーセナルのスタメン。

f:id:karaagetan:20190902131729p:plain

基本システムは4−3−3でスタート。

 

続いてトッテナムはこちら。

f:id:karaagetan:20190902131848p:plain

ボール非保持はラメラが右ハーフ、エリクセンが左ハーフの4−4−2。ボール保持はラメラがトップ下に移動しての4−3−1−2の可変システムで試合に入りました。なので可変する間に少しだけ隙が生まれます。

比較的スパーズペースの前半

立ち上がりこそアーセナルが有利に試合を進めたものの、時間が進むにつれスパーズに試合の流れは傾いていきました。スパーズは無理に前線からプレッシングをかけるにではなく、4−4−2のブロックをしっかり作って奪ってカウンターというのがはっきりしていました。ケイン、ソンのツートップとそこにパスを供給するエリクセン。そしてそこにラメラも加わるカウンターはなかなかの迫力です。

対するアーセナルはスパーズのゴールキック時に準備してきたものがよく見て取れました。プレッシングの方法はリヴァプールに似ていました。ウイングがCBとSB間のパスコースを切ることで、中央にボールをおびき寄せます。ラカゼットは少し低めの位置を取り、ボランチへのパスコースを消します。スパーズのSBにボールが出た際はインサイドハーフのトレイラとゲンドゥージが対応します。

ラカゼットのゴール、素晴らしかったです。

ゲンドゥージ覚醒の後半

2−1スパーズリードで前半を終え後半を迎えました。

後半、ある男が覚醒します。ゲンドゥージです。特にトレイラに代わってセバージョスが入り、ポジションを右IHにうつしてからのパフォーマンスは圧巻でした。中盤でスパーズカウンターの芽を摘み、パスを散らしながらキーパスも出す。完璧に近かった。セバージョスも果敢なミドルシュートでゴールを脅かすなど徐々に試合はアーセナルペースに。そしてゲンドゥージのパスに反応したオーバメヤンがゴールネットを揺らし、アーセナルが同点とします。

その後ポチェッティーノは4−4−2から4−5−1にして、負けないことを優先。多少オープンな展開は続いたものの、試合はそのまま2−2で終了。今シーズン最初のノースロンドンダービーは勝点1を分け合う結果となりました。

個人的MOM

今日のMOMはゲンドゥージですね。特に後半のパフォーマンスは圧巻でした。

他にもラカゼット、エリクセン、ソンなどハイパフォーマンスな選手が多い素晴らしい試合でした。

両キーパーの素晴らしいセーブもなんどもあり、熱い試合になりました。